こもろ布引いちご園看板

信州こもろのいちご園こもろ布引いちご園
いちごのはなし

小諸駅出発のJRバス「いちご平行」の終点停留所「いちご平」。 今は見ることができませんが、いちごが群生していた場所です。

御牧台地の歴史を書いた本によると日本の農業における いちご生産発祥の地と伝えられています。

さかのぼること、明治時代へ。小諸義塾と係わりの深い塩川伊一郎氏によって明治14年に 小諸いちご平産缶詰イチゴジャムを販売、 日本で初めての民間によるイチゴジャム製造企業が誕生しました。 また、製品は数々の賞を受賞し、原料として使われた品種は、 加工品種としての特性に優れていたため、昭和14年に農水省指定試験で選抜され、 長野県第1号品種として「御牧ケ原1号、2号」と名付けられました。
「御牧ケ原」は農水省命名の「いちご農林1号(春光)」など、品種改良の親としても使われています。

小諸いちご平を旅立ち、長い年月をかけ、故郷へ戻ってきたイチゴ達は ここ、こもろ布引いちご園で宝石のように輝いた赤く甘い実をみのらせています。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 
Copyright (C) 2011 KOMORO NUNOBIKI STRAWBERRY FARM Co.,Ltd. All Rights Reserved.