こもろ布引いちご園看板
信州こもろのいちご園こもろ布引いちご園
当園について

当園は平成11年にいちご生産発祥の地とされている長野県小諸市に開園いたしました。

長野県東部・浅間山の南斜面に当たる小諸市は標高が700~800メートルの準高冷地に属し、夏でも夜温が20度ほどでイチゴ苗の生産に適した気候です。

いちご狩りと業務用いちご生産、苗の出荷を3本柱とし、天候や季節に左右されない安定的な生産を目指し、業務用いちごは9月末から7月中旬までの長期出荷を実現いたしております。

昨年は、1月から6月末までのいちご狩りでは年間約2万8千名のお客様にご来園頂き、好評を頂いております。



 沿革
  平成11年 農事組合法人 布引施設園芸組合 設立
  平成12年 いちご狩りオープン
  平成14年 静岡経済連への苗テスト出荷開始
  平成15年 長野県知事賞 きらりと光る農業農村活動賞 受賞
  平成18年 中山圃場 完成
  平成20年 日本農業賞 大賞   農林水産大臣賞 受賞
 施設概要
<布引圃場>    
  ハウス数 栽培本数

出荷量(年間)

  600坪×4棟 冬いちご 12万本 96t
  300坪×1棟 夏いちご 2.5万本 10t
  150坪×2棟 苗生産数  
  50坪×8棟 24万本  
<中山圃場>    
  ハウス数 苗生産数

 

  150坪×2棟 52万本  
  50坪×8棟    
<谷地原圃場>    
  ハウス数 苗生産数

 

  50坪×9棟 36万本  
<南が原圃場(関連施設)>    
  ハウス数 栽培本数

出荷量(年間)

  1890坪×1棟
冬いちご 7万本 56t
  (236坪×8連棟) 夏いちご 2.5万本 10t
    苗生産数  
    20万本  

 


 
Copyright (C) 2011 KOMORO NUNOBIKI STRAWBERRY FARM Co.,Ltd. All Rights Reserved.